0
¥0

現在カート内に商品はございません。

ネットワーク産業の規制とその法理

通常価格:¥4,730 税込
¥4,730 税込
商品コード: 9784862511430
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
日本大学法学部准教授 友岡史仁 著
A5判 並製 390頁 ¥4,300+税
ISBN978-4-86251-143-0 C3032

電力・ガス、電気通信、鉄道、上下水道といった「ネットワーク産業」と称される諸分野では、「規制改革」や民営化等を契機にして、積極的な競争促進を狙いとした事業者に対する規制の存在が世界的なスタンダードとなっている。しかし、実際には、諸制度の複雑化とともに規制の在り方そのものが問われているのが現状である。
こうした問題を扱った研究書は、これまでにも経済学者が中心となって公刊されてきた経緯がある。しかし、本書は、法学に携わる立場から、豊富な先例を有しかつ我が国における制度設計上も参照を不可欠とするイギリス・EU等の諸事例に照らしながら、ネットワーク産業における規制の在り方を制度に忠実に検証し、そこに見られる諸課題の解明を試みようとするものである。
第1部では、これまでにも学説上混乱が見られる個別産業の根拠法(事業法)と競争法・独禁法の適用関係について、問題整理とあわせた法解釈の観点から論理的に解明し、第2部では、東日本大震災以降、原子力政策と並び、我が国が直面している政策課題である「発送電分離」について多様な法的視点を提示し、第3部では、EUにおける電力・ガス市場の自由化と並び、送配電網・ガスネットワークに対する「エネルギー供給保障」という観点から競争政策との調和的な制度を考察する。これらの内容は、研究・実務両分野において類書に見られない視点からの貴重な寄与となるだろう。

目次

はしがき
序章 ネットワーク産業の規制法理のとらえ方

第1部 分野横断的な規制法理
 第1章 公益事業と競争法の相関関係
  第1節 相関関係を見る視点
  第2節 イギリス型モデルの検証
  第3節 分野横断的な競争法・独禁法の適用課題
 第2章 ネットワーク産業における「競争対抗料金」の事例検討
  第1節 独禁法違反型訴訟における問題場面
  第2節 「競争対抗料金」に係る代表的訴訟事例
 第3章 アクセス・チャージと事業法上の課題
  第1節 総論的検討
  第2節 各論的検討

第2部 エネルギー分野から見た規制法理
─イギリスの事例を参考に
 第1章 イギリスの電力・ガス事業分野からの示唆
  第1節 純粋構造規制との関係
  第2節 「市場支配力」の行使に関わる問題
 第2章 「発送電分離」論の法的諸課題
  第1節 電力事業の基本構造に係る課題
  第2節 制度変遷と制度構造の特質
  第3節 「発送電分離」論の法的課題
  補論 日本型「発送電分離」論の概要と課題─電力システム改革委員会報告書を踏まえて

第3部 ネットワーク産業と通商規制─エネルギー分野を中心に
 第1章 EUにおけるエネルギー市場の統合とEC条約
  第1節 域内エネルギー市場の統合化と自由化の接点
  第2節 電力・ガス事業における輸出入数量制限禁止規定の適用問題
  第3節 電力・ガス事業における「国家独占の調整」問題
  第4節 リスボン条約とエネルギー政策
  第5節 「越境取引」と競争政策の関係
 第2章 エネルギー分野におけるWTO協定と地域貿易協定の役割
  第1節 WTO協定における地域経済統合の正当性
  第2節 物品貿易の自由化との関係
  第3節 サービス貿易の自由化との関係
 終 章
参照文献一覧
索引

著者プロフィール

友岡 史仁(ともおか ふみと)
現 在 日本大学法学部准教授
専 攻 行政法、経済法

書籍を購入された会員は、電子書籍(PDF)を無料でダウンロードできます。書籍の発送後、電子書籍をダウンロードするためのURLをお送りします。
NEWS 新着情報
2020/04/07
会員特典
●会員の特典

書籍を購入すると、無料で電子書籍(PDF)をダウンロードできます。
書籍の発送後、電子書籍をダウンロードするためのURLをメールでお送りします。
※一部書籍には、電子書籍をご用意しておりません。

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

レビューはありません。

レビューを投稿