0
¥0

現在カート内に商品はございません。

病気にならない生き方

通常価格:¥1,485 税込
¥1,485 税込
商品コード: 9784862511836
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
新潟大学名誉教授 安保徹 著
四六判 並製 216ページ
ISBN978-4-86251-183-6 C2077

 無理を重ねてストレスにさらされると、体の内部環境は低体温、低酸素、高血糖にさらされる。この悪化した内部環境が続くとミトコンドリア系エネルギーの生成が不利になり、疲れやすく、やつれてくる。これが癌をはじめとする多くの病気の発症のはじまり。
 このほか、夜更かしによる体調不良、自己免疫疾患など、ミトコンドリアは体のさまざまなできごとに関わっている。高気圧のときに元気が出るのはミトコンドリアパワーが上がるから。雪国に冬期のうつ病が多いのはミトコンドリアが活性化しないから。運動中の突然死の原因は急な活性化に対処するミトコンドリアのアポトーシス……。
 ミトコンドリアなどによるエネルギー生成系の全体像をとらえると、体にひそむ謎は次々と解けてくる。

目次

プロローグ 病気にならない生き方
第1章 ミトコンドリアって、なに?
第2章 ミトコンドリアから体の謎が解けてくる
第3章 ミトコンドリアと自律神経、免疫の関係
第4章 がんとミトコンドリア
第5章 ミトコンドリアの声を聴きなさい
第6章 こうすればミトコンドリアが活性化できる
コラム・健康と長生きのための予備知識
 ①健康診断と人間ドック
 ②食事からみるエネルギーの生成
 ③重力と病気の関係
 ④ステロイドはむやみに使わない
 ⑤不眠の解消法
 ⑥ミトコンドリアと発癌の関係
 ⑦がんの自然治癒とは
 ⑧体を冷やす食べ物、温める食べ物
 ⑨ 糖尿病にインスリン治療は効果的?
 ⑩塩分の摂取と高血圧について

著者プロフィール

安保 徹(アボ トオル)
昭和22年10月生まれ。東北大学医学部卒。新潟大学名誉教授、1980年アラバマ州立大学留学中に「ヒトNK細胞抗原CD57に対するモノクローナル抗体」を製作。1989年胸腺外分化T細胞を発見。1996年白血球が自律神経の支配下にあるというメカニズムを世界で初めて解明。200本以上の英文論文を発表し、国際的に名高い免疫学者として活躍を続けている。主な著書に「免疫革命」(講談社インターナショナル)、「「薬をやめる」と病気は治る」(マキノ出版)、「安保徹の免疫学講義」(三和書籍)など多数のベストセラー本がある。

書籍を購入された会員は、電子書籍(PDF)を無料でダウンロードできます。書籍の発送後、電子書籍をダウンロードするためのURLをお送りします。
NEWS 新着情報
2021/05/10
新着情報
『日の丸ベンチャー5』を刊行しました。

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

レビューはありません。

レビューを投稿