0
¥0

現在カート内に商品はございません。

バイオサイエンスの光と影

通常価格:¥2,750 税込
¥2,750 税込
商品コード: 9784862511010
関連カテゴリ
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
森岡 一 著
四六判 並製 256頁 
ISBN978-4-86251-101-0 C3060

バイオテクノロジーの発達によって生命現象が発明とみなされるようになり特許として権利化されたが、これは生命の「囲い込み」に他ならない。本書では、生命の囲い込みによる弊害、すなわち研究活動の阻害や途上国の医薬品価格への影響、遺伝子組み換え植物を販売する企業が農民に与える苦悩など、さまざまな問題を多くの事例で紹介する。それを通して、科学の発展のありかたと産学連携、オープンイノベーションを論じる。

目次

はじめに

第一部 生命現象の特許化がもたらす問題とは
 第1節 初の微生物特許チャクラバティ事件
 第2節 患者細胞特許ムーア事件
 第3節 カナバン病遺伝子特許事件
 第4節 遺伝子組み換えマウス特許事件
 第5節 乳癌遺伝子特許ミリアド・ジェネティックス事件
 第6節 合成生物学特許の展望

第二部 ライフサイエンス分野の特許権行使のありかた
 第1節 リサーチツール特許とパテント・トロール活動
 第2節 アッセイ方法特許ハウジー事件
 第3節 核内因子NF─κB特許アリアド事件
 第4節 がんマウス特許浜松医大事件
 第5節 ケモカイン受容体CCR5特許事件
 第6節 リサーチツール特許問題の残したもの
 第7節 炭疽菌治療薬シプロ供給と公共の利益
 第8節 公共の利益とバイ・ドール法マーチ・イン条項
 第9節 マーチ・イン条項とセルプロ血液幹細胞採取方法事件
 第10節 マーチ・イン条項と抗エイズ薬ノルビア事件
 第11節 マーチ・イン条項と緑内障治療薬ザラタン事件
 第12節 公共の利益と強制実施権行使の条件
 第13節 医薬品アクセスと強制実施権
 第14節 タイの医薬品強制実施権と抗エイズ薬供給
 第15節 抗エイズ薬の開発途上国への低額供給(新しい試み)
 第16節 農民の権利とバスマティ米特許事件
 第17節 遺伝子組み換え植物を巡るモンサント・ラウンドアップ事件

第三部 科学の発展とオープンイノベーションへの道
 第1節 パテントプール
 第2節 産学連携のありかた
 第3節 オープンイノベーションへの道
 第4節 クリエイティブ・コモンズのありかた
 第5節 科学の進歩促進のためのフリーアクセス運動
 第6節 農民の権利と農業分野のフリーアクセス運動

おわりに
発表論文

書籍を購入された会員は、電子書籍(PDF)を無料でダウンロードできます。書籍の発送後、電子書籍をダウンロードするためのURLをお送りします。
NEWS 新着情報
2020/04/07
会員特典
●会員の特典

書籍を購入すると、無料で電子書籍(PDF)をダウンロードできます。
書籍の発送後、電子書籍をダウンロードするためのURLをメールでお送りします。
※一部書籍には、電子書籍をご用意しておりません。

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

レビューはありません。

レビューを投稿