0
¥0

現在カート内に商品はございません。

ピアジェの教育学

通常価格:¥3,850 税込
¥3,850 税込
商品コード: 9784916037893
関連カテゴリ
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
ジャン ピアジェ 著
シルビア パラット=ダヤン、アナスタシア トリフォン 編集
芳賀 純、能田 伸彦 監訳 原田 耕平、岡野 雅雄、江森 英世 訳
286ページ A5判
ISBN 978-4916037893

教師の役割とは何だろうか?そして、子どもの教育において、教師はどのような重要性をもっているのだろうか?教師は、子どもが世界を理解できるようにするための手段や方法を、その心の中に作り上げてゆくべきなのか?教師は子どもの問いかけに答えるべきなのか、それとも、権威主義的なやり方で知識を押し付けるべきなのか?活動をどのように提示したら、子どもがそれを取り入れることができるのか?“教育の方法”、“授業の役割”、“子どもの自律性”というテーマは、ジャン・ピアジェが生涯にわたって論じ続けたものである。この本は、今まで一般にほとんど知られておらず、手にすることも難しかった、ピアジェによる教育に関する研究結果を、はじめて一貫した形でわかりやすくまとめたものである。

書籍を購入された会員は、電子書籍(PDF)を無料でダウンロードできます。書籍の発送後、電子書籍をダウンロードするためのURLをお送りします。
NEWS 新着情報
2021/05/10
新着情報
『日の丸ベンチャー5』を刊行しました。

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

レビューはありません。

レビューを投稿